ブログの毎日更新って意味あるの?【実際にやってみた結果】

ブログで稼ぎたいなら毎日更新しろ!
未だによく聞くセリフですよね。特にSNSでは毎日更新をしている人をよく見かけます。
しかし、毎日更新って意味があるのか、SEO的な効果があるのか、と聞いて満足のいく答えが返ってくることはなかなかありません。
そこで、実際に毎日更新を100日続けた結果を踏まえて、毎日更新のメリットとデメリットを解説していきます。
毎日更新のメリット
毎日更新をするメリットは以下の通りです。
・固定ファンが付きやすい・Googleに更新頻度の高いサイトだと認識される・ニュース記事として取り上げられることも
一番のメリットは固定ファンが付きやすいことだと思います。「毎日更新している」というのが分かると、頻繁にブログを訪れてくれやすくなります。また、SNSで更新状況を伝えることによって、頑張っていることをアピールでき、応援されやすい環境が仕上がります。
SEO的にも更新頻度の高いサイトは良い評価を受けがちです。いわゆる”フレッシュネス”というやつですね。特に今のSEOでは、定期的に新規記事を上げることが大事だとも言われています。
毎日更新のデメリット
反対に、毎日更新には以下のようなデメリットがあります。
・記事の質が落ちる・書けるネタがあれば何でも書いてしまう
毎日更新するという縛りから、どうしても記事の質は落ちてしまいます。本当は10時間かけて作るべき記事でも、忙しい日なら3時間で仕上げてしまうことだってあります。
また、ネタが切れやすくなるため、書けるネタがあれば何でも飛びついてしまうのもネックです。記事のジャンルにばらつきが生じてしまい、サイト設計が滅茶苦茶になってしまうこともざらにあります。
そのため、記事の質に対して厳しい昨今のSEOでは、コンテンツを増やすほどに評価が落ちるなんてことも珍しくありません。
まとめ
以上、毎日更新のメリットとデメリットでした。
時間が取れる人であればデメリットは緩和できますが、副業のブログにそこまで時間を割ける人もなかなかいないでしょう。
量より質が重視される現在のSEOでは、あまり毎日更新にこだわらない方がいいかもしれませんね。