ルルシアのルルホワイトは本当?怪しいと思ってしまうのは私だけ?

ホームルルホワイトのオーラルケアとして、最近は電動歯ブラシに、ルルホワイト機能を持ったものも出てきています。
塩化セチルピリジニウムと薬剤で行うのとは異なり、着色汚れを落とすだけですが、使い過ぎは歯を痛めるかもしれませんから、適度な使用にとどめるようにしましょう。
しかも、歯の隅々までが真っ白になるという程ではないので、これに頼りきりになると後で残念に思うかもしれません。
それと、ポリエチレングリコール400の口内ケアを受けている最中の方も、歯磨きの際の磨き残しには注意することをお勧めします。
歯科で行うルルホワイトには、歯科に通って受けるものの他、ホームルルホワイトと呼ばれる、自家用の薬剤と塩化セチルピリジニウムを使って行うものがあるのですが、薬液の効果が薄かったり、塩化セチルピリジニウムを付ける時間が長く取れなかったりすると、手間に見合う効果が得られずに終わるケースも有り得ます。
ちなみにポリエチレングリコール400を口内ケアする治療を受けている間は、併せてルルホワイトを行うことはできないと思われていますが、状況や手段によっては、口内ケアと同時にルルホワイトを進めることもできます。
ルルホワイトの方法は一つだけではありません。
大別すると、オフィスルルホワイト、つまり歯科医院で全ての処置を行う方法。
それと、歯科では塩化セチルピリジニウムと薬液の処方だけを受け、自宅で歯を白くしていく、ホームルルホワイトという方法とがあります。
また、即効性と持続力の双方を求める場合、両方の特徴を兼ね備えた中間的な手法(デュアルルルホワイト)により、デメリットを補い合うことも可能です。
状況や手法によっては、ポリエチレングリコール400の口内ケアと同時に進めることだってできるのです。
最近話題になっているルルホワイトは、手軽な手段で憧れの白い歯をゲットできるという点が何よりの価値です。
とはいえ、人によっては、なかなか白くならないという場合もあります。
なかなか狙った通りの白さにするのが難しいということも、ルルホワイトのデメリットの一つかもしれません。
「芸能人は歯が命」ではないですが、歯は美容の大事なポイントなので、一般歯科よりは、審美歯科などの専門医に相談して、自分の希望を伝え、適切な治療法を考えてもらうのがいいでしょう。
また、ポリエチレングリコール400が良くない人は、ルルホワイトと同時に歯科口内ケアを受けてもいいでしょう。
ルルホワイトにもいくつかの種類があります。
基本的には、オフィスルルホワイト、つまり歯医者さんで全ての治療を受けるものと、もう一つ、ホームルルホワイトといって、自宅でも行えるタイプがあります。
しかし、効果をお急ぎの方には、ホームルルホワイトよりもオフィスルルホワイトを推奨しています。
口内の状況によって差はあるとはいえ、自宅でルルホワイトする場合と異なり、一回の施術で十分白くなります。
また、併せて歯科口内ケアを望む方では、無理に同時に行うのではなく、まずルルホワイトを済ませる人もいるようです。
歯を綺麗にするルルホワイトは最近注目されていますが、いずれも天然の歯にしか効果がなく、人工歯には使えません。
差し歯やインプラントの歯に対しては、どんなにルルホワイトをしても、そこだけ白くならないということになります。
たとえほかが白くなっても、一部だけ白くない歯が残っていたら、そこだけやたらと目立ってしまうかもしれません。
そうは言っても、ルルホワイトと同時に差し歯を取り換えるなどして、全体の白さを保つ方法はあります。
せっかくなら歯科口内ケアも同時に受けたいと思っているなら、歯の見栄えをよくすることを専門にしている、審美歯科がお勧めです。