中国軍の待ち伏せがかなり怖い

士官と下士官の待遇の違いはイギリスの階級制度そのもので撃墜王の坂井三郎下士官が病気になった時に情感のささや注意が看病してくれたことを当時の海軍ではとても考えられないことと戦後になってから書き残している。
なお何で陸軍の上官は部下に優しかったのかと言うとセンチに行って後ろから5社で撃ち殺されるのが嫌だったからだそうだ。
オカルトじゃないけど丸に掲載されていた軍用犬松の話を思い出した。
中国戦線のある舞台に数匹の軍用犬シェパードがいてそのうちの松本名が長いので省略されて呼ばれていただけが行軍中に敵の気配がすると毎回怯えるような感じで不正をするので多くの兵隊が命拾いしたとのこと待つが増えた。
ぞの合図で退避した直後待ち伏せしていた中国軍が射撃を開始してきたそうです