悩む前からの日々の積み重ねで将来の自分のためにケアをしていきましょう

80代の祖母、60代の母を見て抜け毛や薄毛に対する恐れを感じています。
若い頃、祖母と母は毛量が多いことをまとまりが悪いとよくぼやいていた記憶があります。
ですが、今は髪の薄さにヘアスタイルを楽しめないと嘆いています。
育毛にイクモアプレミアムサプリメント
私からすれば、年齢を重ねれば若い頃と同じようにはいかないのは当たり前でどこか仕方ないことのように感じてしまいますが、同じ女性としてその悩みもわからなくはありません。
現に40代の私も毛量の変化を感じているからです。
私も以前は、量が多く悩んでいました。
ヘアカットに行く時には必ず髪を梳いてもらっていましたが、今はその必要がありません。
現状、ちょうどいいと言えばそれまでなんですが、10年、20年と歳を重ねた時にと不安がよぎります。
そこで私が意識して行っていることは、カラーリングを止める、頭皮マッサージをする、毛穴クレンジングをする、大豆製品をバランスよく摂るということです。
まず、カラーリングは頭皮の負担になるということでやめましたが、頭皮マッサージ、毛穴クレンジングは土壌、つまり頭皮の状態が悪ければ、健やかな髪を育てられないそうです。なのでこの方法を行うことで血行を良くし、新たに毛が生えやすくするためです。
そして大豆製品は、女性ホルモンが低下すると薄毛や抜け毛を促進させてしまうため、女性ホルモンと類似した成分が有効的だそうです。