正社員に疲れた?疲れたならやめていい

・正社員の責任や仕事量に疲れてしまいました。
・正社員やめようかな、疲れてしまったのでニートになりたい。

そんな正社員という重圧、仕事量に押しつぶされ疲れる人は多いです。
実際、正社員の仕事は責任が伴い、一歩間違えれば会社に損害さえ与えかねません。

そのような責任のもとで仕事を行うのは疲れます。
ですので、疲れてやめたいと考えるのも至極当然の話です。

なので、正社員に疲れたらやめていい。
なぜなら、令和の新時代は働き方は多様になって、正社員が仕事のすべてではないから。

同一労働同一賃金の施行によって、非正規社員との待遇差は改善される見込みです。
さらに、副業解禁や週休3日制の導入など、働き方の選択肢は広がっています。

また、フリーランスという働き方も脚光を浴びつつあります。
会社に属さず、自らの力で生きていくフリーランスに憧れ、実際に転身する人も増えています。

そのようななかで、正社員にこだわる必要もありません。
疲れたらやめていい、正社員だけは仕事のすべてではありません。

引用:正社員に疲れた?きついなら辞めていい【働き方は多様で仕事が全てではない】